自動車保険を安くしたくても車両保険はつけるべき 車両保険に安く入る方法

自動車保険の見積もりのとき、車両保険を外すとかなり安くなるけど車両保険て外しても大丈夫かなと思っていませんか?

確かに車両保険を外すと保険料はかなり安くなりますが、よほど手放してもいい車ではない限りつけておいたほうがいいでしょう。なぜなら、車をぶつけたときに修理代が出なくなってしまうからです。

いくら運転が上手くてもフロントガラスに飛び石が飛んできたり、台風で瓦が飛んできたりする事故は避けることができませんよね。車両保険の保険料を節約したせいで、数十万円の出費を余儀なくされることは珍しくありません。後ろから無保険の車に追突されて新車が全損。無保険の車は一銭も補償してくれなかった、という実例もあります。

車両保険には必ず入っておきましょう。

車両保険に入りながら保険料を節約する方法をご紹介します。

55ba85ac9860b1c46a4714bb1b09ae90_s

リーズナブルな車両保険に加入する

車両保険には大きく分けて2種類あります。簡単に言うとフルサポートタイプと限定タイプです。当然ですが限定タイプの方が保険料は格安。

ただし、限定タイプはその名の通り補償が限られています。
代表的な補償内容はこんな感じです。

「対自動車との事故(当て逃げはNG)、いたずらによる損傷、飛来物との接触、ガラスへの損傷」

分かりやすく言うと「自分で車以外のものにぶつけたら出ない」ということです。

電柱やガードレールにぶつかった時の自分の車の修理代は自腹になります。しかし、車やバイク(自転車はNG)と衝突した事故はしっかり補償されますので、万が一の時は安心です。絶対に避けられないフロントガラスへの飛び石も補償されます。

「私は運転に自信があるから大丈夫」という人はこのタイプがおすすめです。

免責金額(事故負担額)を設定する

耳慣れない言葉ですが、免責金額とは自己負担額のことです。いざ事故が起きた時に◯万円は自分で支払い、超えた部分が車両保険から支払われます。

【車両保険50万円、免責金額5万円、修理代15万円】の場合は、5万円は自分で支払い残りの10万円が保険から支払われることになります。
自分で支払わなければならない分保険料はお得です。
ただし、自己負担額は自分で修理工場に支払わなければならないので、設定した金額は常に貯金しておかなければなりません。

免責金額の設定について、詳しくは車両保険の免責の意味と設定方法に書いています。

自動車保険を通販型に乗り換える

「車両保険の補償内容が限定されるのも嫌だし、自己負担額が出るのも嫌!」という人におすすめなのが自動車保険ごと乗り換える方法です。

現在代理店型自動車保険に加入している場合、通販型に乗り換えるだけで1万円から3万円ほど保険料が節約できる可能性大。「安いってことは補償も少ないんじゃない?」と思うかもしれませんが、車両保険の金額さえ変えなければ補償内容に差はありません。

代理店型自動車保険では代理店さんに支払われる手数料や店舗などの経費が保険料に上乗せされていましたが、通販型はその部分がまるまるカット出来るので保険料が格安なのです。

補償内容に変わりがないのであれば、通販型にしてもいざという時に困ることもありませんよね。
「運転に自信がないし、車も新しいから車両保険は降るサポートで加入したい」という人にぴったりです。

通販型自動車保険について詳しくはこちら

まとめ

保険料を節約しながら車両保険に加入する方法はこの3つ。

  • 限定タイプの車両保険に加入する
  • 免責金額を設定する
  • 通販型自動車保険に乗り換える

どれか1つを実践するだけでかなり保険料は節約できますが、すべてを行えば今よりも安い保険料で車両保険に加入できる可能性がかなり高いです。

そして一番簡単に保険料を安く抑えるには、数ある保険会社の中で1番安い保険会社を見つけることが最も簡単に保険料を安くする手段です。

その方法についてはわずか10分で1番安い自動車保険を見つけるたった1つの簡単な方法に詳しく書いてあります。

自動車保険を安くするには一括見積もりが一番簡単です

自動車保険を安くしたいけど、自動車保険って専門用語も多くって難しいですよね?

あまり自動車保険を知らなくても安くできるのが自動車保険の一括見積もりです。

20社以上の自動車保険から同じ条件で見積もりがもらえるので、あとは一番安い会社を選ぶだけです。

安いだけでは不安ですが、まずは見積もりをとってから下から安い会社を3社ぐらい選んで、その口コミをネットで調べて一番いい会社を選べば問題ありません。入力もすぐに終わります。

一括見積もりサイトはクリック↓

サブコンテンツ

このページの先頭へ