車両保険の保険金額の具体的な決め方

自動車保険に加入する時、車両保険の金額をある程度設定できますよね?この金額は車を買った金額にすればいいの?なにを基準に決めたらいいの?

自分で決めるのは結構大変です。なので、その金額の決め方の基準についてのお話です。

3cf15ed20aec32ad3e49559e7b729653_s

車両保険の保険金額とはどういった金額なのか

車両保険の保険金額とは車両保険を利用した時の上限金額のことを言います。

例えば保険金額が100万円だとして、修理代が130万円であれば、保険を使っても100万円までしか保証されないということです。

まぁ100万円の修理といえば相当なので実際には自動車を買い換える人のほうが多い金額だとは思いますが。

そして改めて言われる場合でもないのですが、事故で廃車にしてしまった場合には100万円が支払われるということです。

100万円で同じ程度の同じ車を買えるかどうかが判断基準

では100万円が安いのか、適正なのか、はたまた高すぎるのかですが、それを判断する基準は、その金額で同じ程度の車を買えるかどうかです。

中古車のカーセンサーなどを見て実際にあなたの今の車がどのくらいで手に入るのかを調べてみましょう。そこで調べた金額と同程度の設定金額であれば、たとえあなたが事故をして廃車にしてしまったとしても同程度の車を保険金で用意できるからです。

例えばカーセンサーで調べた金額が80万円だったとすれば、100万円で加入しておけば追加の金額まで保険金でおりますし、調べた金額が120万円であれば100万円だと足りないので、少し程度が悪い車になったりもしくは追加の料金を支払って同程度の車を買うことになります。

だから、車両保険の保険金額の適正の設定金額は同じ程度の中古車を買える値段にすることといえるでしょう。

20万円以下で購入した車の場合は車両保険をつけないという手も

車両保険の保険金額によっては車両保険をつけないという手もあります。

なぜなら車両保険はかなり保険料が高いので、車両保険を外すだけですぐに年間で2〜3万円はすぐに節約できます。

車両保険の本来の目的は車が事故で大破し、すぐに自動車を新たに買わないといけない場合に現金がすぐに手に入ることなんです。

だから100万円がすぐにはなかなか出てきませんが、20万円ならどうにかなる金額です。しかも20万円の車両保険を使うだけで等級がさがるので保険料はかなりあがることに。しかも交通事故なんて数年に一回あうようなものでもありません。(もちろん可能性は0ではありませんが。。。)

それならば保険料を毎年3万円でも節約をしておいて貯金に回しておいたほうがいざとなった時に、自動車の購入費用にも使えるし、事故にあわなければそのお金で家族で旅行に行くことだってできます。

だから、車がそんなに高くないのであれば、車両保険はつけずに保険料を節約することも一つの手です。

新車購入の際は最大金額で加入するのがおすすめ

さきほどとは反対に新車の購入の際はつけることのできる最大の金額にすることをおすすめします。

それは新車の金額がかなり高いからです。

新車を購入して1年以内に事故をして運悪く廃車にしてしまった場合、中古車を購入しても生活はなんとかなりますが、やはりそういう場合でも新車が買えるように設定しておくべきですし、ローンで購入していたとしたらすぐに全額請求してくるローン会社もあります。

だから車は無くなってローンだけ残るなんてことにならないようにも、確実に車両保険は最高の金額に設定しておきましょう。

自動車保険を安くするには一括見積もりが一番簡単です

自動車保険を安くしたいけど、自動車保険って専門用語も多くって難しいですよね?

あまり自動車保険を知らなくても安くできるのが自動車保険の一括見積もりです。

20社以上の自動車保険から同じ条件で見積もりがもらえるので、あとは一番安い会社を選ぶだけです。

安いだけでは不安ですが、まずは見積もりをとってから下から安い会社を3社ぐらい選んで、その口コミをネットで調べて一番いい会社を選べば問題ありません。入力もすぐに終わります。

一括見積もりサイトはクリック↓

サブコンテンツ

このページの先頭へ