自動車保険の年齢条件の変更のタイミング

bb88f32e47960401bc523ad883726785_s年齢条件を変更できるタイミングって更新の時だけと思っていませんか?

実は、自動車保険は年齢条件に関わらず契約途中での内容の変更が可能です。だから年齢条件をあげたり下げたり自分のしたいタイミングで行いましょう。

ぞして自動車保険の保険料を安くしたい時は年齢条件をこまめに変えるのがポイントです。その具体的なタイミングについてお話していきます。

年齢条件をこまめに変更すべき理由は保険料節約のため

自動車保険は年齢条件によって保険料がかなり変わります。

自動車保険の年齢条件の割引率と間違っている年齢条件の設定方法についてに詳しく書いてありますが、年齢条件を一つあげるだけでも保険料は半額近くになることもあるぐらいです。

特に保険に入れる運転者が20代の若い人がいる時にはそれだけで保険料の節約にすることができます。

年齢が上がるタイミング(誕生月)

年齢があがるタイミングは必ず自動車保険の年齢条件をあげることができないか検討しましょう。

もちろん保険の契約の途中で構いません。誕生日を迎え

  • 21歳
  • 26歳
  • 30歳

を迎えた場合には必ず年齢条件を変更しましょう。

運転者を減らす場合

自動車を運転する人が減る場合にも必ず年齢条件を見直しましょう。

例えば、子供が一人暮らしを始めるから運転しなくなるから両親しか運転しなくなるとか、運転する可能性はあっても実際に運転することがほとんどないなど、そういった場合にはその人を省いた年齢条件に変更することで保険料の削減をすることができます。

運転者を増やす場合

これとは逆に運転者を増やす場合も年齢条件を変更する必要が出てきます。

例えば子供が免許をとって運転するようになった場合などがそうですね。そのほかにも一人暮らしをしていた人が帰ってきたなどもそれにあたるでしょう。

その場合は年齢条件があっていなければ、無保険運転になってしまう可能性すらあります。無保険運転は万が一事故をしてしまった時に保険が効かなくて人生を棒にふってしまう可能性さえあるので気をつけてください。

 

自動車保険を安くするには一括見積もりが一番簡単です

自動車保険を安くしたいけど、自動車保険って専門用語も多くって難しいですよね?

あまり自動車保険を知らなくても安くできるのが自動車保険の一括見積もりです。

20社以上の自動車保険から同じ条件で見積もりがもらえるので、あとは一番安い会社を選ぶだけです。

安いだけでは不安ですが、まずは見積もりをとってから下から安い会社を3社ぐらい選んで、その口コミをネットで調べて一番いい会社を選べば問題ありません。入力もすぐに終わります。

一括見積もりサイトはクリック↓

サブコンテンツ

このページの先頭へ